• 激流ラフティングに出発だ!一緒に漕いでいこう♪
  • ざっぷーんとかかる水しぶきが気持ちいい!
  • みんなで一緒のラフティングの思い出!
  • 最高の仲間と最高の時間を楽しもう!
  • 大笑顔が止まらない!これぞラフティング♪
  • 水しぶきでテンションアップ
  • 子供たちもジャンプ!
  • ラフティングは天下一品!
ビックスマイルラフティング背景
ラフティングツアーで楽しい休日に大満足
ラフティングツアーで楽しい休日に大満足
ラフティング日本地図 長瀞半日ラフティング 奥多摩みたけラフティング 長良川半日ラフティング 保津半日ラフティング ファミリーラフティング 吉野川半日ラフティング 徳島吉野川1日ラフティング 四国ファミリーラフティング 四国キャニオニング
VISA MASTERに対応

エリア別アウトドア

コース別アウトドア

ラフティングってなぁに

ラフティングの流れ(長良川PVより)

スタッフによるラフティングの流れ説明

ビックスマイルが選ばれている理由

高い技術力と安全性

高い技術と安全性
主催するレスキュー講習では、有料にもかかわらず年間300人以上の現役消防士・警察官、他社のラフティングガイドの方々が学びに来られます。

日本最大級のラフティング会社

日本最大級のラフティング会社
日本最大級・全国5拠点に展開し、顧客志向サービスで毎年5万人弱のお客様にお選びいただいているリーディングカンパニーです。

修学旅行も開催の信頼感!

修学旅行も開催の信頼感
体験学習の受け入れ先として毎年約95校10,000人の学校団体からご利用いただき、ご好評を博しております。
ビックスマイルの修学旅行ラフティング 採用情報

ラフティングってなぁに

ラフティングとは
ラフティングとは
ラフティングは、急流専用のラフティングボートの乗り込み、チームワークで激流を下っていくアウトドアスポーツです。
ラフティングとはを詳しく
ラフティングは、8人もしくは10人乗りの大型ゴムボートに乗り込み、ライフジャケット、ヘルメットなどの安全装備を身に付け、 手にパドルを持ち激流を下るスリリングでとっても楽しいアウトドアスポーツです。
1名のガイド(インストラクターの事を業界ではガイドと呼ぶ)が操船のフォローをしながら、同乗しているクルー(お客様)が主体的に川をくだっていく体験型アクティビティです。
ガイドには、お客様へのホスピタリティはもちろんのこと、水の流れを読み、ボートを確実に操船し、万が一の水難救助や応急手当、チームワークなど多くの技量が求められます。
お客様視点では、自然を目いっぱい楽しみ、みんなで一緒に仲良くパドルを漕ぎ、ワクワクドキドキ笑顔になってしまう、そんな素敵なスポーツになります。
そのうえ、川下りの途中で急流を泳いだり、岩の上から飛び込んだりと、楽しいイベントが盛りだくさん! 自然を思う存分楽しめます。
国内のラフティングでは、北海道ニセコ・群馬みなかみ・埼玉長瀞・東京奥多摩・岐阜長良川・京都保津川・四国吉野川・九州球磨川などが有名スポットです。
特に四国吉野川は世界的にも有名なスポットで、2018年には世界大会も開催されております。
海外では、カナダ[キッキングホース]、アメリカ[グランドキャニオン・コロラド川]・オーストラリア[ケアンズ]・ニュージーランド[ロトルア・クイーンズタウン]・ネパール[セティ川]・インドネシア[バリ]などが有名どころです。
ラフティングは、アメリカで軍事利用されていたのが、アドベンチャースポーツ化されてというのが定説です。
30年ほど前から、各大学探検部、ケアンズからのガイドなどが中心となり、商業ラフトとして国内に定着して現在に至っています。
ラフティングの魅力
ラフティングの魅力
ラフティングの魅力は激流を下る爽快感・仲良く漕いで下る一体感・大自然中でのヒーリング感、魅力だらけのアクティビティです。
1.激流を下る爽快感
激流を下る爽快感
なんといっても、第一の魅力は激流を下る爽快感!
みんなで力を合わせて激流を下っていきます。
河川によって激しさも違うので自分にあった激流を選ぶのもよし、いきなり四国の吉野川にチャレンジもよしです。
ビックスマイルでは、どの川でも訓練されたインストラクターがご案内するので初心者の方でも安心です。
各河川設定の年齢制限は守ってね。
2.仲良く漕いで下る一体感
仲良く漕ぎで下る一体感
 ラフティングにくると、みんな仲良くなれます。
 インストラクターが親切丁寧に説明させていただきますので、ご不安無用!
 少しスリリングな部分もあり、吊り橋効果でカップルならラブラブに、友達なら仲良しに、ご家族なら絆深くなれちゃいます。
3.大自然の緑の中で癒され感
大自然の緑の中での癒され感
 大自然の中を漕ぐ下っていくラフティングは、癒し感抜群です。
 季節により、桜・新緑・青葉・紅葉、自然の草木に癒されましょう。
 ウォータースポーツですので、マイナスイオンがいっぱい。しっかりリフレッシュしちゃいましょう。
途中で、いろんな生き物に会えるかも!?
 魚類では、アユ・コイ・ウグイ・オイカワ・ドンコなどいろいろ。レアキャラでは魚類でないけどオオサンショウウオ!
 鳥類では、アオサギ・シラサギ・カワウ・キセキレイなどはほとんどの川で見ることができます。運よく川の宝石カワセミに会えたりするとテンションMAXです。
 運が良ければ、猿・鹿・猪・・・たまにヌートリアやカピバラ(笑)なんてアニマルにも会える事もあります。
ラフティングの道具
ラフティングの道具
ラフティングボート・パドル・ポンプ、いろんな道具があります。
ラフティングボート
ラフティングボート
長さ約4m、幅約2mの激流降下用ゴムボート。 素材は、ハイパロンまたはPVC製の強度の高いハイテク生地を使用しチョットやそっとの岩では、ビクともせず頼もしいです。
パドル
パドル
シャフトの一方にT字形のグリップ、もう一方にブレードがついているシングルブレードパドルを使用。 アルミ素材にABS樹脂をコーティングしてます。たまに折れたり曲がったりするがんばり屋さんです。
ヘルメット
ヘルメット
ラフティング用のヘルメットは、水中に入った時に水の抵抗を受けないように水抜き穴が作られています。 素材は、丈夫で水に浮くプラスティック。あごひもをしめて、おでこを隠すようにかぶります。
ライフジャケット
ライフジャケット
別名P.F.D(個人用浮力具)と呼ばれます。 パドリングスポーツに不可欠のアイテム。発泡フォームの浮力で水の中でも浮かぶことが出来ます。泳げない人にも安心。
ウェットスーツ
ウェットスーツ
ネオプレーンと呼ばれる合成ゴム素材で出来たウエアー。 体温の保持、耐衝撃性、浮力の増加という3つのメリットがあります。特にケガ(すり傷、切り傷等)の防止に威力を発揮します。
パドリングジャケット
パドリングジャケット
春先、秋口に活躍するのがこのパドリングジャケット。ナイロン生地を使用した防水性の高いアウターウエアー。 ウエットスーツの上に着ることで保温性を高めます。
ウェットジャケット
ウェットジャケット
水温の冷たい時期に使うのがこのウェットジャケット。 ウェットスーツと同じ素材でできているので保温性が高くとても暖かいです。

ラフティングってなぁに

川の流れのお勉強!水力学
水力学
川の流れは一様ではありません。自然物の影響をうけて、いろいろな流れがあります。
流速について
流速について
左の図を見てみてください。
平均の川幅(L)と平均の水深(H)と、平均の流速(S)が分かれば、流量(V)は分かります。

流量(V)=平均川幅(L) × 平均水深(H) × 平均流速(S) 

単位はそれぞれ
流量(V);CMS(もしくはt/s)
平均川幅(L);メートル
平均水深(H);メートル
平均流速(S);メートル毎秒
となります。 もちろん、川を見ただけでは、正確な数字は分かりませんが、目安として図るのがよいでしょう。 日本3大暴れ川の一つ、吉野川の徳島県三好市山城町エリアでの通常水位でのおおまかの流量は70CMSです。 国土交通省の河川情報のページを検索すれば、ダムのある部分での流量はリアルタイムで掲載されています。
カレントベクトル
カレントについて
水の流れの速さと方向を総称して、「カレントベクトル」と呼びます。 一般的には、方向に重視して表現される場合が多いです。 ここで注意しておきたいのが、「カレントベクトル」は川の流れる方向ではないという事です。
ポアオーバー
ぽあオーバー
左の図を見てください。 岩の上わずかなところを水面が超えるときには、水面がぽっこりと膨らみます。 この状態をポアオーバーとよびます。 流速が早ければ、「ホール」(後載)になります。
クッション
クッション
左の図を見てください。 水面より岩がでている状態になった場合、流れは岩にあたります。 岩の上流側では、岩にあたった水の流れが上に上がり、ウェーブができます。 このウェーブをクッション(もしくはピロー)と呼びます。 岩に流れがあたっていたほとんどの場合はこのクッションができますが、岩の下側がえぐれた状態の場合は、できません。 水の流れが岩の形状により下へと流されるからです。 通常、このような岩をアンダーカットロックやオーバーハングロックと呼ばれます。これらの岩は川底へとスウィマーを引きずり込み、ごみなどにひっかかったりする場合があるので、川での危険な構造物となります。
ホール
ホール
左の図を見てください。 強い流れが岩を超えた場合は、「ホール」が形成されます。 流れは岩にあたり、そのまま上へと流れます。その流れによってリアクションウェーブ(スタンディングウェーブ)が作られます。 リアクションウェーブは通常、きれいな三角の形状をしています。 その後、岩を越えた流れは、重力によって川底に落ちます。そこでできる流れが「ホール」です。 落ちた流れは、一度川底までながれ、ボイルラインを境界にバックウォッシュとアウトウォッシュに分かれます。 このバックウォッシュは強かったり、ボイルラインと流れの落ち込みの位置が長かったりする場合は、人が流された場合、なかなか外に出られない状態になります。形状や強さにより危険度は違いますが、特に危険なものを通常「キーパーホール」と呼びます。 逆に、バックウォッシュは水面上は川の流れの逆方向を向いています。そこにラフティングボートやカヤックを乗せて「サーフィン」して遊べます。ただし、十分な経験ある人間がリスクを認識して遊ばないと危険が伴います。
リバーサイン
リバーサイン
激流では水音で声が通じません。そこでガイド達はボディランゲージを使ってコミュニケーションをとっています。
オールクリア
オールクリア
チームメンバーの状況がすべてOKで、川を下りはじめてOKか?みたいなときに使います。
OK
OK
OK。OKですか?とOKですの二つの意味があります。
フリップ
フリップ
上級コースの川ではボートがひっくり返る事もあります。ひっくり返ることを「フリップ」といいます。そのフリップをした事を知らせるリーバーサインです。 手を裏表に返して、ひっくり返った事を表現します。
カバー
カバー
難しい激流を下るとき、もしくはボートがひっくり返ってしまった時などに、チームメンバーにカバーしてもらうときに使うサイン。 頭の上で三角を作ります。
もはやガイド!?漕ぎ方のコツ
パドリング
ラフティングには、いろんな漕ぎ方があります。その漕ぎ方ひとつとっても、コツがいっぱいある奥深い世界です。一番基本の「前漕ぎ」について説明します。
パドリング 詳しく
前漕ぎは、すべての漕ぎ方の基本になります。
キーポイントは、体を前に倒して、パドルを水面深く差します。 その際に、パドルがジャバジャバっとならないように、水を逃がさないように意識します。 深く沈める際には、体を前に倒し体重をパドルにかけます。 この時、パドルのブレード(櫂)を前45度程度の角度にして沈めます。 体重を下方向にかける力を利用して、前に進める力に変換します。 上記の力を使いつつ、途中から、腕でパドルを手前に引く力に変えていきます。 この際も両手でしっかりパドルをおさえ、水を逃がさないようにする必要があります。 キーポイントは、Tグリップを握っている側の大胸筋と川側の広背筋、そして腹斜筋を使い、腕力はそれらの力をパドルに伝えるために使います。 また、足はしっかりとボートのチューブに固定します。 下半身でボートを前に蹴りだすようなイメージで、上半身で水を後向きに漕ぐ力を、推進力としてボートに100%伝わるように意識します。 これらの動きを、重心を安定させた状態を維持して漕いでいきます。
と、ここまでできれば、もうあなたもガイドです(笑)