クライミングロープの取扱開始

当社の関連企業であるレスキュージャパンでクライミングロープの販売を開始しました。

 

ヨーロッパの規格であるCEのみならずUIAA基準(国際山岳連盟)の規格もクリアしたチェコ生まれのクライミングロープです。

メーカーはテンドン社。テンドンは筋とか腱とか言うような意味です。
ロープが体の一部である腱のように扱えるというような意図から名付けられました。

ナノテクノロジーとテフロン®加工により高い防水性と高強度を兼ね備えています。特にこのアンビションロープは、各スペック値の高さや使いやすさにくわえ 、クライミングジムから岩場での活動まで幅広く使え人気のクライミングロープです。

 

ambition100_50m1.jpg

 

テンドン クライミングロープ アンビション 10.0mm 50m

13,980円(税込)

  

ambition100_60m1.jpg

 

テンドン クライミングロープ アンビション 10.0mm 60m 

16,800円(税込)
 
ambition102_50m2_1.jpg
 
 
ambition102_60m1.jpg
 
 
 

3大 本能的欲求

人を含め動物の3大本能的欲求をご存じですか?

食欲、性欲が2つで私はあとは睡眠欲とおもったのですが・・・
心理学的な見方から言うと3つ目は、集団欲だそうです。
——————————————————————–
本能的欲求は、大脳辺縁系(情動脳)がつかさどり、「快・不快、喜怒哀楽」など情動として表出されるような心の働きを生み出し、生物がその生命を維持するために非常に重要とされています。

——————————————————————–
私がこの「3大本能的欲求とは何か?」の問いで気付いたことは
食欲や性欲など、種を維持する上で非常に重要な項目の一つに集団欲が含まれていることで
今まで家族、学校、会社、友人達などとの関係を少し軽視して来た点を反省させられました。
これからは、3大欲求に「集団欲」が列挙されていることを認識し組織運営や人との関わり方をとらえ直し行動しようと思った、気付きをあたえられた「問い」でした。

知識、見識、胆識

知識とは理解と記憶力の問題で、本を読んだり、話を聞いたりすれば知ることのできるもの。

知識に経験を加えて見識になる。

さらに見識に実行力を加えて胆識となる。

まさにキモ、腹にまで座った「理解」レベルというものだ。

ネット検索していると、以下のような解説があった。

胆識は肝っ玉を伴った実践的判断力とでも言うべきもの。困難な現実の事態にぶつかった場合、あらゆる抵抗を排除して、断乎として自分の所信を実践に移していく力が胆識。

知識レベルで終わり、満足している事のなんと多いことか・・・

記憶法

新聞を見ていると記憶法についての記述を見つけましたのでまとめておきます。

 

人は記憶直後がもっとも忘れ易いよって学習の1時間後に復習を行うべき。

そしてこの時記憶出来ていないものを抜き出しもう一度学習しなおす。

まとめると

 

(記憶法の手順)

 

1時間後に学習しなおす

翌日もう一度復習しなおす

1週間後 復習

半年後 復習

同じ物を繰り返すことにより脳に定着を計り覚えられる。

復習は、勉強の所用時間が最初に比べ非常に少なく済み、記憶を定着させるのに非常に効率がよい。

棒暗記は要注意。

記憶と論理は表裏一体、論理を切り離した記憶法は理にはかなっていない

英単語は、文脈で覚えるとよい


この記述をみての私の反省は、いつ覚えたのかを記録していない。

システム的な複数回の記憶方法を実践していない

記憶出来てないものを抜き出していないので効率的でない


英単語にかかわらず、本や参考書もこのようなやり方をすれば非常によい勉強になると感じました。

若いうちに知っているとかなり出来る人になるなと思いました。

西郷南洲(隆盛)の言葉

西郷隆盛の言葉を知って感銘しました。
それは、
「人を相手にせず天を相手にせよ。天を相手にして己れを尽くし、人をとがめず、我が誠の足らざるを尋ぬべし」

意味は、人を相手にしないで常に天を相手にするように心がけ事を行え。天を相手にして自分の誠を尽くし,決して人をとがめるようなことをせず,自分の真心の足らないことを反省せよということです。

過去を振り返ると・・・お恥ずかしい。
これからの未来に向かっては、この「人をとがめず、我が誠の足らざるを尋ぬべし」の気持ちをもって進んで行こうと決意しました。
現代風ですが、エバーノートに座右の銘として入れて、スマートフォンで何度も見返し血肉化するまで復唱します。

フェイスブックページの作成

話題のフェイスブックをビックスマイルでもはじめて見ました。

よろしければ「いいね!」のクリックお願いします。
現状、いいねを押してくれた人数がすくないので、独自URLを登録することが出来ずに、数字の羅列のフェイスブックページになっています。
少し先に始めた、レスキュージャパンのページは、見事、総数25人の「いいね」獲得をこなし、独自URLを取得出来ました。
こちらです。
しかし新しいものが次から次へと出てきますねー。

仕事

ブログの更新が久しぶりになってしまいました。

反省!
よい言葉を知ったので自戒を込めてここに記載します。
「人が何と言おうが、この仕事が俺の天命、天職だと惚れ込んでやれば、必ず上手くいく」

         ──永盛重信(日本電産社長)