大豊町ちびっこラフティング

地元の方を対象にですが、日頃の感謝の意を込めて高知県長岡郡大豊町でちびっこを対象にラフティングのイベントを開催します。

詳細は以下の通りです。

少しシーズンを過ぎましたが、まだまだ楽しいラフティングが出来ますのでよろしければご参加またはご声援のほどよろしくお願いします。

ootoyo.jpg

以下募集要項です。

—————————————-

大豊町ちびっこラフティング

自然にふれあう事が少なくなった子供達に、地元の資産である吉野川のすばらしさをラフティングを通じて体験して頂きます。また、自然の楽しさだけでなく、川のリスクなどの安全面に関する知識も学んで頂きます。ぜひお気軽にご参加下さい。

●日時 2014年10月5日(日) 10:00集合 12:00頃解散予定
●場所 大豊町黒石 ビックスマイル
●参加資格 大豊町在住の小学校1年生~中学校3年生までの健康な方とその保護者(ボートへ同乗または見学ともに可)
●参加人数 30名(30名超えた場合も参加可能)
●参加料 500円(当日受付でお支払い下さい)
●持ち物 水着、タオル、濡れてもいい靴(踵のしっかりしたスニカー等、サンダルやクロックスは×)

予約は、「大豊町ちびっ子ラフティング」参加の旨と住所、氏名、電話番号、参加人数を下記までご連絡下さい。(完全予約制)

●ご予約・お問い合わせ 電話 0771-29-5370 または メール bigsmile@gekiryu.com

主催 一般社団法人 日本ラフティング協会

チェコとポーランド訪問

先日、レスキュー関係の仕事の出張でチェコとポーランドを訪問しました。

チェコもポーランドも私にとって初めての国で、どんな国なのかと期待して出かけました。

チェコは農業国というようなイメージで郊外は、牧場等の農地が広がっているイメージでした。

電車網が発達していることを知らずにレンタカーで移動しましたが、慣れない左ハンドルの上に、借りた車はマニュアル車(ATにして欲しいと言いましたが空きがありませんでした)であたふたでした。また、チェコの人は、高速で飛ばすこと、飛ばすこと著しく、100kmで走しっていてガンガン追い抜かれていきました。

また、高速の途中のパーキングで止まってトイレに行こうと思ったらトイレが有料制でした。チェコのお金はユーロかと思っていたのですが、コルネという通貨でトイレは行きたいは英語もあまり通じずで非常にあたふたしました。

事前調査不足でした・・・・

計画の重要性をトイレで痛感した旅でした。

ナビのおかげで目的のホテルにはなんとか到着できましたが、ナビが故障していたら、絶対に空港から5時間離れた目的地のホテルには到着出来ていなかったと思います。ナビ様さまでした。

チェコとポーランドは国境がつながっていて、検問所などもなく自由自在に行き来できます。

島国日本育ちの私には、非常に新鮮でした。

以下の写真は、プラハ城周辺の写真です。

チェコは、ハムやソーセージやチーズが豊富です。日本で言う納豆、卵、焼き魚という感覚でしょうか。また、観光地の周辺では地ビールの醸造所が多くあり、ピルスナー、ラガー、エールと各種ビールを頂きました。

プラハは昔の街並みが数多く残っていました。世界の広さを改めて感じました。

DSCF3360.jpg