秩父 観測史上 最大の積雪

関東地方に大雪が降りました。

秩父では98センチ、熊谷でも62センチと積雪量は、観測史上最高の記録となりました。

弊社の埼玉県の長瀞ベースも以下の通りです。

snownagatoro.jpg

異常気象の原因の一つに地球温暖化の影響があると言われています。
近年、ゲリラ豪雨と呼ばれる急な大雨の出現も、ラフティングを行っているので肌で感じております。
私がラフティングを始めたころは、台風の大雨等はありましたが、ゲリラ豪雨はなかったです。

自分の身の周りで出来ることから始めようと思いますし、修学旅行で参加して頂いている中学生の生徒さんにも、ラフティングを楽しんで頂けることに加え、環境面への啓蒙なども積極的に取り組んでいくのが私たちの務めの一つだと考えています。

現在も被害にあわれていたり、孤立している場所もあるとニュースで聞いております。
素早い復旧をお祈りしております。

コミュニケーションの気づきと二宮尊徳翁の悟り

1月が終わりました。冬は、ラフティングツアーはありませんが、レスキュー業務やリサイクル業務また来るべきシーズンの準備などで慌ただしい時間を過ごしました。

今月は、コミュニケーションの研修会に参加したり日常生活から以下の事を学びました。

まずは、外見だけで人を判断しないということです。

第一印象が重要だと言われたりするように、初対面の視覚からの印象で、人を判断してしまう自分がいることに気付きました。いままで自分は基本的に外見で判断することはあまりないと自己認識していただけに意味ある気付きでした。

次は、聴き方についてです。

傾聴のテクニックは頷きや相槌による受動的な聴き方のパッシブリスニングと相手の話を積極的に聞いて行くアクティブリスニングと呼ばれる、相手の言ったことを

1.繰り返す
2.まとめる
3.心をくむ

方法があります。今までは、心をくむというとどんな感じだろうかと今一つ腑に落ちない感じでしたが、ある先生の講演CDで「相手の言ったことではなく、相手の言わんとしていることを聞く」という説明や具体例を聞いて、そういうことかと納得出来ました。理解出来たところで今後は、学びを実生活にも活かして行きたいと思いました。

最後は、二宮尊徳(金次郎)さんの死生観についての話です。小学校の庭にあった、あの薪を背負いながら本を読んでいた方の教えです。

————————————————–

およそ事は成行くべき先を、前にさだめるにあり。人は生るれば必ず死すべき物なり。死すべき物と云うことを、前に決定すれば活きて居るだけ日々利益なり。是れ予が道の悟りなり。生まれ出ては、死のある事を忘るる事なかれ。夜が明けなれば暮るると云う事を忘るる事なかれ。

二宮尊徳 一日一言より抜粋

————————————————–

二宮さんの生きる道での悟り 噛みしめて日々過ごしたいと思いました。